FC2ブログ
2018/10/07

秒殺❣️70秒 井上尚弥 強すぎるワンツーかまいたち。それだけ







井上尚弥は、

何秒で倒したのだろう。

はるかに軽いそして高速のワンツーだった。
何か練習かダンスをしているかのようだった。


狙い澄ました上に、距離感を推し量っていた、

鷹が獲物を仕留めるように瞬時に影が動いた。

物凄い速いジャブのワンの左を、パヤノの顔面にヒットさせて、

リバウンドで戻ってきたパヤノの顔面頭部に、ツーの右ストレートを突き刺した。

相手は、
お行儀よく、、、、両足を真っ直ぐに揃えて、、昏倒した



スポーツ上では、危ない倒れ方だ、
つまり、無意識にノックダウンして、何の防備もなく、自分の後頭部をうつ可能性だ。

ピクリとも動けず、テンカウントをきいてうぃまった。


こんな、大きな試合において、
こんなー圧倒的な差が出るのだろうか。


解説者の山中慎介と長谷川穂積が、慌てて、喋ろうとした。

練習したワンツーらしい

ツーを、故意に少し遅れて出すらしい。


🔷 あとで、録画を何度か観たが、、、速すぎて、、どこを遅らしているのかがわからない。

敗者の。パヤノは、パンチは見えなかったらしい。

それが真実だ。

🔷 何度観ても、この試合、パヤノの方が先に、ジャブらしいものボデイブローらしいものをいくつか出していた。
これらをコンパスにして井上は半径をさぐっていた。
軽やかにフットワークでダンスしていた。

この間、
井上は、1発も出していない。間合いを測って、相手とのパンチに合わせ、飛び込むタイミングを計っていっただけだった。
そして、僅か、2発だけで沈めた。このワンツーの2発は、最初にして最後のパンチだった。未だ、ギアがかかった打撃ではなかった。

軽やかなかすり傷が、かまいたちのように走っただけだ。

井上尚弥は、汗ひとつかいていなかった。信じられないが事実だ。

関連記事

コメント

非公開コメント

歴史的な試合だった

あっけない幕切れに、、、びっくりした。