FC2ブログ
2018/10/11

火の鳥ジャパンの起こす奇跡と一つのミス



( スターウオーズのパドメ姫は、シムラケン姫か?)


日本女子バレーは、
10日(水曜日)
今大会の優勝候補と言われて来たセルビアに、3ー1と、逆転した。
今回、1セットも落としていなかったセルビアから、3つとって、勝ったのだから、アンビリーバボだ。


11日(木曜日)
今日も、往年の王者とされて来たブラジルに、
2ー0と、リードしている。


中田久美監督のそばにいると、何だか勝てそうな気がしてくるから、不思議だ。
こういう人を名監督というのだ。


今日もスパイクレシーブが好調で、
奥村が顔面レシーブした。顔面でも逃げずにあげるという気合、根性だ。
そういう日本のミラクルに対して、
ブラジルは、イライラして、信じられないミスが連続している。

もし、日本が3ー0で勝つと、日本は1位通過する。

無茶苦茶に凄い。


3セットのマッチポイントになって、
手こずる展開が始まった。
なぜに、内瀬戸の軟打などを、選択したのか、エースの古賀でなせに行かなかったのか?点差もあったからの判断か?
非常に悔やまれる。
そして、追いつかれて、ひっくり返された。

再び、古賀でマッチポイント。
ガライも、根性見せて、同点から、
ブラジルにひっくり返された。

ここは、珍しい中田監督の采配ミスだ。
ブラジルが息を吹き返すかも知れない。

セット
日本2ー1ブラジル
になり、

ブラジルが復活した、サーブも良くなって、取られた。

セット
日本2ー2ブラジル
のフルセットになった。

ブラジル8ー7日本になり、
古賀に替えて、またもや内瀬戸を入れた。
内瀬戸レシーブミス、、、、


ブラジルの強打や意欲が復活して、
マッチポイントを握られた、

こんな逆転も珍しい。

日本2ー3ブラジル
の、
大逆転負けだった。

勝てていた試合を落としてしまった、
手のひらから、勝利がこぼれた。

内瀬戸は外そう。ーーー


🔷後味の悪い逆転負けになっちまった。
選手か監督か、戦犯探しをしたくなった。




関連記事

コメント

非公開コメント