FC2ブログ
2018/10/18

やはり、広島は強かった。




巨人が逆立ちしても、、
勝てそうもないね。


広島野球は、全員野球で、波がありません。
巨人は大波小波で、一喜一憂です、
1回ウラ
タナキクマルで内野ゴロで、先制点。計ったように狂いが無い。

4回ウラ
鈴木誠也が、特大2ランホームラン、
7回ウラ、丸がソロホームランの駄目押しを打つ。

投手は、
大瀬良が、ぶれない、継投も間違いない。
たまらんわ。
巨人杉内いわく、
インコースの内角をついていたので、凡打を取った。

後半、
6回表、
チャンスボールのとき、
岡本が珍しく打ちそこねた。
内角を何度もえぐっていたので、体の開きが早くなり、好球を打ちあぐねた。
データ通りの計算だろう、
岡本はCSに入って、ずっと無安打、
巨人は、岡本は、自分を立て直せるだろうか?

答えは、
否である。
今、岡本を立ち直らせる打撃コーチは巨人には存在しない、あるとすれば、落合か長嶋茂雄終身名誉監督だけである。
岡本に過度の期待をかけずに、
他の打者たちに、狙い球を絞らせていくしかない。


第2戦の明日
広島に強い田口がおさえて、もしや勝ったとして、

第3戦目に、
菅野が、また、ふたたび、奇跡のノーノーを成し遂げて、
坂本もマギーも岡本も阿部も長野も、亀井も、陽岱鋼も、小林も、ホームランを
長岡の大花火のように打ちまくって、大勝できたとしても、
その先の展望が見えません。
成績は2勝2敗で、やっと、並びます。
でも、
広島は、データ分析して、巨人のホームランバッターの弱点をつきます。

怖いのは、ホームランの大砲ではなく、
マシンガンの炸裂と機動力です。
それが、巨人と広島の差です。


このあと、
巨人が、勝てる気がしてこない。
巨人にキセキがおきたとしても、それをひっくり返す超奇跡を起こすのが、
広島である。

広島というチームは、負ける気がしない。今年こそは、セ・リーグ優勝まちがい無しでしょう。
広島が、4連勝でいく可能性大である。



関連記事

コメント

非公開コメント