FC2ブログ
2018/10/31

恐るべし逆転の広島



ヤフオクドームの、
左一面が真っ赤に染まった。それも、例のスクワット応援を繰り返していた、、、、
広島博多の新幹線が速くなったとはいえ、
博多ファンにとっては、ビビっていただろう。
地元博多では連勝が続いているほど強いのだが、ソフトバンク打線は乗ってきて、打ち出した。
しかし、
何点奪えど、安心感が産まれなかった。
甲斐キャノンで刺してもさしても、広島は牙を研いでいた。


広島3ー9ソフトバンク
の6点差になったときには、勝負は大方決まったと、日本中の誰しもがみたと思う。



でも、逆転の広島は、違うのだ。

8回表
先頭バッターの四番打者鈴木が、強引に引っ張った。反撃の赤い狼煙のレフトライナー2号ホームランを打ったときに、
(この時点で、投手交代させて欲しかった)

なに、工藤監督はぼんやりしていたのだろう、
その後、
バティスタ、會澤など、ヒットが生まれても、
加治屋を替えなかった。


信じられない。
満塁になり、、
続く当たっている安倍に対しても、投手交代させなかったから。

工藤監督の完全な采配ミスだ。

安倍は、
満塁ホームランを打って、
広島8ー9ソフトバンクの、
1点差になった。

この回の広島は一挙5点獲った。
3人の解説者の槇原氏も秋山氏も金本氏も、、、笑ってあきれて驚いていた。

9回も充分、危なかった。
薄氷を踏む勝利だった。
これで、お互いに、1勝1敗1分けのガップリ四つだが、広島の地力を感じる。


その証拠に、集中力が半端ない。このひと試合で、鈴木も2本、安部も2本打ってきた。
3番丸にその内に、火が付くだろう。

何点差あってもひっくり返す、恐るべし逆転の
広島。

明日は、
広島 野村祐輔 対 ソフトバンク東浜巨

どちらも好投手だが、急に崩れる傾向もあり、もろいのも共通点です。
工藤監督の采配が鈍いのが気になります。

鍵は、柳田、デスパイネ、内川、甲斐、対、丸、松山、西川龍馬でしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント