FC2ブログ
2018/11/09

緑の黒髪を描いてくれないか、、井上雄彦先生、描く描く詐欺にならないように



宮本武蔵の最後のたたかいと、生きざま、お通との行方

井上雄彦先生、、
描いてくださーーい。



お通さんは、
緑(碧)の黒髪だったのか?

緑の黒髪とは、、、
「黒いつやのあるみずみずしい女性の髪」
のことですが、
語源を探ると、やはり、中国にいくのです。



緑の黒髪の語源は、

陸游の詩「秋興」(※1)

成都城中 秋夜長く、燈籠の蝋紙 空堂を明(て)らす。

高梧 月 白くして 飛鵲(ひじゃく)繞(めぐ)り、衰草 露 濕りて 寒螿(かんしょう)啼く。

堂上の書生 読書を罷(や)め、眠らんと欲するも 未だ眠らず 偏(ひと)えに断腸す。

起き行きて 百匝(ひゃくそう) 幾(いくたび)か 歎息し、一夕 綠髮 秋霜と成る。

の最後の部分、
「一夕 綠髮 秋霜と成る」、

意味は
「一夜でみずみずしい黒髪が白くなる」

だそうです。(※2)


緑は秋霜に対になる語、「(春の新芽のように)若くみずみずしい」という意味のようです。


日本では
「みずみずしい黒髪」を表現するのに、
「緑髪」を訓読し「みどりの黒髪」と呼ぶようになったそうです。(※3)



関連記事

コメント

非公開コメント