FC2ブログ
2018/11/30

移籍は選手の基本的権利だ





「昼寝して、、、サヨナラ本塁打、、丸の夢」


あの小笠原以来の、
大型FA遺跡になった。トレードマークの髭を剃って、巨人にやってきた。
そして、
3番に座り、優勝を勝ちとり、MVPに輝いた。


明確にいうと、
プロ野球選手は、自分のお金の評価額のために、

いのちをかけて、練習する。



僅か、
40歳前後には、引退してしまうプロスポーツだ。

怪我すりゃ、一巻の終わりだ。


阪神の藤川は、
今回の丸に関して、「評価してくれる所に行け、」
と短く言った。
そうでないと、メジャーレベルに追いついて行けない。


中畑は、
現実にいってお金です。
と言った。そうだと思う。


浅村は、
ソフトバンクのお金を蹴って、楽天を選んだ。
背景や理由は、まだわからないが、それ相応の理由があり、それも認められて欲しい。
価値観の違いがあるのだろう。


黒田は、
広島から、メジャーにいった、ドジャースの活躍を認められて、ヤンキースに移籍した。
額がはるかに低い日本の広島に戻るときに、世界がびっくりした。
「男気」という抽象的日本の概念に注目が集中した。


新井は、
広島から請われて、阪神に行った、そして、広島に戻った。
その新井が、今回の丸の巨人への移籍に関して、
「移籍はさみしいけどオレはお前の味方だから。ずっと応援してるから、頑張れ。」
と、直接、丸に言い切った。


日本は,
義理と人情の、浪花節社会で、移籍は否定されがちだが、
何が、悪いのだろう。

あくまでも、後ろ髪を引っ張るのは限度がある。

憲法で言うところの、基本的人権の尊重である。


移籍は、先輩野球選手や組合が勝ち取ってきた黄金の権利だ。

練習して活躍したら、認めてくれる所に、どんどん移って行くべきだ。



当たり前の論理だ。


それを否定したり、ネットで揶揄するのは、およそ、犯罪である。
そう言うのは、
言論の自由とはいえません。
炎上です。

単なる名誉毀損です。

関連記事

コメント

非公開コメント

コメント失礼致します

チーム愛で腹は膨れない事は事実です。

ただ、現状のルールでは、宣言した選手に利益の大半が集中し、次点で獲得球団、出ていかれる球団にはプラス要素がほとんど無い、悪政ではないが、出ていかれる側の人間には不満が非常に溜まりやすい制度であるのも事実です。

補償選手が移籍先で活躍、というケースは多々ありますが、流石に、毎回毎回それを期待するのは虫が良すぎる。

タイトルホルダー、特に、今回の様な年間MVP級の選手の補償に、給与の一部の補償金+プロテクトである程度骨抜きにされた補償選手では戦力的な穴埋めは不可能ですし、成績如何では集客の主力であるライト層のファンの離脱にも繋がり、結果的には、それが全体の利益低下にも繋がる恐れもあります。

西武ファンでも、楽天ホームの試合見に行きますし、カープファンも、ジャイアンツ戦でビジター側で応援されてますからね。

メジャーを参考にするのであれば、FA権の所得期間を短く、自動所得とする代わりに、契約金を下げる。
FA選手獲得球団は該当球団に対してその年のドラフト上位指名権を譲渡する。
ドラフトの完全ウェーバー制等。

完全な公平、かつ、透明性のある制度の設立は難しい、、、というより不可能ですが、現状のNPBのルールでは、利益があまりにも一部に偏り過ぎた歪なものであり、タンパリング等の不正の温床となっている事も事実で、その事に対しては捕る側も捕られる側も声を上げ、選手、獲得球団、元所属球団の三者がなるべく公平に近づく形に改善を求めていかなくては、野球人気はかつての姿まで回復しないのではないでしょうか?

長々と失礼致しました。

Re: コメント失礼致します

膨大な情報や知識、歴史、そして分析など、
たくさんの示唆を有難う御座いました。

長文のご指摘で、叱られているような気になりました。

人的補償など具体的に作られた経緯も知りません。
ただ、どうやっても長年たいさくほうをこうじても、公平平等な制度にはなかなか難しいと思います。

現今現状では、頑張ってタイトルをとったもの数字が高いものが、移籍上のまな板に乗る、そうでなかったら、人的補償に出されると言うのは、資本主義社会の原理原則に乗っていることになるでしょう。ー

私が単純に言いたいのは、頑張った選手の移籍の自由と権利は守ってやらないと、いけないだろう。
私自身は、業績を上げにあげて、伸びたが故に、主流派という片方から異様にマークされ、もう一つの反主流派の一方から、来て欲しいと懇願されました。結果は、主流派があらゆる権力を使って、そちら側の職場に強引に移転されました。何度も転勤上の不合理人事に乗りました。

結果は、私は、心のバランスを崩して、次々に病気を併発して、早期退職に追い込まれ、
廃人同様になりました。今も、希望も夢も有りません。

ただ、だらだらと、無目的に、絵をがさつに、描き、まとまらない文章のブログを、綴っているだけです。

いきたかった職場にいけず、不合理な権力圧力につぶされて、やりたかった仕事をできずに、生きる希望をなくすことは、
人間にとって、ほんとうに不幸です。

比較にはなりませんが、
スポーツマンプロスポーツ選手には、やりたいところで、伸び伸びとやって欲しいと思います。

丸に「行かないで」というファンの言葉は良くても、「いくな、裏切るな、金のためか、帰ってくんなあ、対広島戦には力を抜いて、」というような野次怒号は、人権無視だと想いますし、
ファンには、それを言える権利は有りません。
オーナーも、監督も同僚も言えません。