FC2ブログ
2018/11/30

移籍は選手の基本的権利だ





「昼寝して、、、サヨナラ本塁打、、丸の夢」


あの小笠原以来の、
大型FA遺跡になった。トレードマークの髭を剃って、巨人にやってきた。
そして、
3番に座り、優勝を勝ちとり、MVPに輝いた。


明確にいうと、
プロ野球選手は、自分のお金の評価額のために、

いのちをかけて、練習する。



僅か、
40歳前後には、引退してしまうプロスポーツだ。

怪我すりゃ、一巻の終わりだ。


阪神の藤川は、
今回の丸に関して、「評価してくれる所に行け、」
と短く言った。
そうでないと、メジャーレベルに追いついて行けない。


中畑は、
現実にいってお金です。
と言った。そうだと思う。


浅村は、
ソフトバンクのお金を蹴って、楽天を選んだ。
背景や理由は、まだわからないが、それ相応の理由があり、それも認められて欲しい。
価値観の違いがあるのだろう。


黒田は、
広島から、メジャーにいった、ドジャースの活躍を認められて、ヤンキースに移籍した。
額がはるかに低い日本の広島に戻るときに、世界がびっくりした。
「男気」という抽象的日本の概念に注目が集中した。


新井は、
広島から請われて、阪神に行った、そして、広島に戻った。
その新井が、今回の丸の巨人への移籍に関して、
「移籍はさみしいけどオレはお前の味方だから。ずっと応援してるから、頑張れ。」
と、直接、丸に言い切った。


日本は,
義理と人情の、浪花節社会で、移籍は否定されがちだが、
何が、悪いのだろう。

あくまでも、後ろ髪を引っ張るのは限度がある。

憲法で言うところの、基本的人権の尊重である。


移籍は、先輩野球選手や組合が勝ち取ってきた黄金の権利だ。

練習して活躍したら、認めてくれる所に、どんどん移って行くべきだ。



当たり前の論理だ。


それを否定したり、ネットで揶揄するのは、およそ、犯罪である。
そう言うのは、
言論の自由とはいえません。
炎上です。

単なる名誉毀損です。

関連記事

コメント

非公開コメント