FC2ブログ
2019/03/02

絵に描いたような、岡本和真逆転サヨナラホームラン





バッテリー
ヤクルトバッテリー
小川、原、清水、梅野、風張 - 中村、松本直
巨人バッテリー
菅野、野上、鍬原、大江、吉川光 - 小林、炭谷

攻撃の流れは、
理想的、
3回に、1塁に吉川尚が出て、まず走る、そこを、丸が三遊間を綺麗に抜く、ランエンドヒット(あくまでもヒットエンドランでは無く)で、吉川尚が一気に3塁を蹴って、ホームに生還して先制の1点。こんなのは、巨人には無かった、まるで、広島野球だ。
5回には、岡本がライトへのタイムリー3塁打で、追加点。巨3ー0ヤ

ヤクルト塩見、村上、西浦のホームランで、同点にされるが、
9回裏、土壇場
〜4番岡本で、逆転サヨナラで逃げ切る。
ヤクルト5安打で4得点(全部ホームランだから巨人バッテリーは課題)、巨人11安打で5得点。

〜スコア〜
3回裏 丸 カウント3-1からレフトへの先制タイムリーツーベース! 巨1-0ヤ 2塁 巨 1 - 0 ヤ
5回裏 岡本 ランナー2,3塁( 丸ヒット、坂本ヒット)の3-2からライトフェンス直撃へのタイムリースリーベース! (((全部外角スライダー、打ったのは146キロ、ヤクルトの配球は如何?)巨3-0ヤ 3塁 巨 3 - 0 ヤ
6回表 塩見 ライトスタンドへのホームラン 巨3-1ヤ 巨 3 - 1 ヤ
7回表 村上 巨人鍬原から、2アウト2塁の3-2のフルカウントからレフトスタンドギリギリへの2ランホームランでヤクルト同点! 巨3-3ヤ 巨 3 - 4 ヤ
7回表 西浦 カウント0-1からレフトスタンドへのホームランでヤクルト勝ち越し! 巨3-4ヤ

9回裏 岡本 カウント1-1から(全部外角スライダー)、ライトスタンドへの起死回生の逆転サヨナラとなる2ランホームランで、巨人逆転サヨナラ勝ち! 巨5-4ヤ

ゲームセット 巨 5 - 4 ヤ

東京ドームでの初オープン戦。
ヤクルト村上(熊本九州学院出身、清宮世代ー今季初の侍ジャパン)は同点2ラン、
岡本(も侍ジャパン)は、逆転サヨナラ2ランで、試合を決めた、マンガのような面白い流れだった。

巨人ファンもヤクルトファンも、大喜びそうな展開だった。

関連記事

コメント

非公開コメント