FC2ブログ
2019/03/10

侍ジャパンは有言実行4番吉田満塁ホームラン。Rー1は新しいツッコミの天才粗品が優勝




予想的中確率は5割か❔

1、侍ジャパンは、
土曜日勝つと予想したが、
メキシコに逆転された。

今日の日本メキシコ戦は、
1回に、4番打者に座った吉田が、満塁ホームランを打って、圧倒した。



2、Rー1ぐらんぷりは、
予想通り、霜降り明星の粗品が、同点の接戦を二回もクリアして、

見事に優勝した。

ネタが盛りだくさんのマシンがントークで、他を圧倒した。
例えば、
(お父さんもう帰って来ないの?)
1と、
一枚目のフリップで前置きして、
二枚目に、
答えとして、[大人という漢字]の右肩に小さく[2]と書いたフリップを示す。
(大人の事情ー2乗)
という粗品。大爆笑である。

彼ー粗品は、
地元大阪で高校生の時から、Rー1ぐらんぷりに出場してきたというから、
年齢は若いけど、超ベテランである。

笑いのツボを心得ているので、
つっこみの言葉が、ただの突っ込みではない、含蓄のある深い速い切れのある語彙力を付け足してある。
だから、笑える。
今まで、ツッコミで笑いをとるのが、唯一無二のフットボールアワーの後藤だった。
後藤はその場の空気と言葉を読む天才である。


普通、漫才などでは、ボケで笑わせるのであるが、
霜降り明星においては、
せいやの過激な意味不明のボケで迷わせ戸惑わせて笑わせて(緊張、なんだろう❔)、
即座に粗品の速い突っ込みで日本卓球のように、ライジングを返して笑わせて(納得という緩和ーああそうだったのか)、

それは、ボケに津波化させて、余韻を引き起こす高度な技(余波、発展)なのである。



之で、
霜降り明星は、Mー1と、Rー1の史上2冠を奪った。
この勢いだと、
キングオブコントを取り込み、史上3冠に、なれるだろう
関連記事

コメント

非公開コメント

粗品は、まだ余裕があった

粗品は、天才かもしれない。