FC2ブログ
2019/05/01

菅野、吼えるか⁉️  坂本令和初1号 吠えた。





平成最後も、
令和初も、、どちらでもいいが。


菅野は、
屈辱の4回6失点KOを、取り返したい想いがある。

今日、
5月1日、

菅野は、静かに立ち上がった。
「大きい高い山ほど、最初は、、、、ゆっくりと登る。」
という言葉がある。ー


この試合は、路傍の石である、

今年の最終の山は、
日本シリーズ出場そして、優勝の日本一である。


剣ヶ峰はいくつもあろう。

菅野が沈黙の戦艦になることである,

🔶1回表ー巨人の攻撃
(中日先発は山井、40歳を超えた尊敬できる投手)
①坂本の真芯にとらえた速い打球が三遊間を抜いていく。
②丸ーセンターフライで1死。
③ビヤヌエバー四球。
④岡本ー三遊間奥深く、ヒット、満塁。
⑤亀井ー1.2塁間を抜くタイムリーで、令和初打点は、亀井だった。
中日0ー1巨人

⑥陽岱鋼ーレフトへタイムリーヒット。巨人のファーストストライクをたたく積極的な攻撃。
中日0ー2巨人

⑦山本ーショートゴロの間に追加点1点。
中日0ー3巨人

🔶山本走り、ダブルスティールで。亀井ホーム生還で1点。(こういう足の攻撃が今まで無かった、巨人変身の一つである。
中日0ー4巨人

⑧小林ーサードゴロでチェンジ。

🔶2回ウラー巨人
坂本勇人ー初球だった。謙虚だが狙っていた。ど真ん中カーブ113キロ。左中間奥深く、令和1号をぶち抜く、矢張り持っている男は違う。他番組の出席のスポーツ好きな芸能人たちも「坂本勇人令和初1号ホームラン。」を予想した人が多かった。
中日0ー5巨人

丸ー も続けようと、大きな当たりだったが、フェンス近くのライトフライだった。


🔵3回表ー中日

菅野は
いつもより、ゆったりと足を上げて 投げるモーションが頼もしく見える。
満月のごとく大きく、弓を振り絞って、放つ速い矢のような力学だ。
まだ、ビシエドの三遊間ヒットの1本だけだ。


🔶3回ウラー巨人
①岡本ーライトフライで、1死ぬ。
②亀井ーセンター前のヒット、今日2本目。
③陽岱鋼ー粘って、四球。ランナー2塁1塁。
④山本ー粘って、四球、で、1死満塁。
⑤小林ーショートの正面ゴロ、万事休すー併殺打でチェンジ。 満塁の絶好機を逃す、セーフティスクイズか普通のバントスクイズはなかったか、粘って、押し出し四球もあったはずだ、この辺が大きな小林の課題。菅野を扶けることになる。



🔶ーーーーーーーーーーー
先日、KOされた菅野は、
この間、昨年の自分の澤村賞受賞時の投球フォームを、
ビデオでじっくりと観たそうである。いいことだ、
りずむ、表情、ゆったり感などをみて甦った。

🔵 7回の3番ビシエド、4番平田の大きな山には、故意にギアを上げて投げた。
999奪三振、1000奪三振を、とって、
花束をもらった、未だに、完封ペースである。

🔶7回ウラー巨人
丸ーセカンド左を抜いてヒット。
→増田に代走。増田、すかさず盗塁、守備は丸のセンターを受け継ぐ。先日は
セカンドだった、内外野守れて、足が俊足ー元鳶職が渋い。


🔵8回表ー中日
①堂上直ー今日、初めての四球。「勿体無い」と解説者山本氏がいう、山本氏は50歳まで投手をしたレジェンド。
②大野ーライトフライを陽岱鋼が無難にとる。
③福田永将ー外野に飛んだが、センターフライ。
④ー三振でチェンジ。


🔶8回ウラー巨人
(投手田島)
①山本ーライト右にヒット、
②小林ーセンターへのヒット。
③菅野ー一発で送りバント決めて、ランナー2塁1塁。
④坂本ーサードゴロで、2死。
⑤増田に代わって、代打阿部、「合っている、危険」と山本氏が、解説。田島避けるように、四球。満塁。
⑥ビヤヌエバー田島力み過ぎ、フルカウントから、大きなセンターフライ。


🔵9回表ー中日最後の攻撃
①京田ーセンターに打ち返してヒット、根尾効果。
②大島ー1.2塁間抜けて、ヒット。京田3塁へ。ランナー
③ビシエドー高いバウンドをセンターへ。タイムリー1点。さすが、今一番の最高打率の中日打線。
④平田ーフルカウント、カット、粘る。インからのスライダーで空振り三振。まだ1死。
⑤高橋ーセンター前にヒット。満塁、ホームランなら、同点でプレッシャーがかかる。
⑥堂上直ー弱点は内角、ミスると同点ホームランありと山本氏。併殺打で、ゲームセット。


🔶完封したかったけど、
完投でいいじゃないか。綺麗なピュアな勝利でなくていい。
もっと、しぶとく、
もっと強かに。

🔶お立ち台は、
坂本ー2打目でホームランを打てて良かった。
菅野ーテレビの都合上、見えなかった、察するに、もっと研究して、もっと頑張りますといったはず。



🔶🔵ーーーーーーーーーーー
明日の先発予定は、

中日ー巨人
ロメロ(左)ーヤングマン(右)

巨人
選手名 打率
1 遊 坂本勇人 .351 ー右
2 中 丸佳浩 .280 ー左
3 三 ビヤヌエバ .260 ー右
4 一 岡本和真 .245 ー右
5 左 石川慎吾 .182 ー右(陽、山本、増田の可能性もあり)
6 右 陽岱鋼 .250 ー右
7 二 山本泰寛 .346 ー右
8 捕 炭谷銀仁朗 .238 ー右
9 投 ヤングマン
関連記事

コメント

非公開コメント