FC2ブログ
2019/05/08

大谷翔平、、復帰おめでとうおめでとう㊗️🎉




復帰戦
エンゼルスータイガース


相手の投手は左。


第1打席
ー見送り三振
m

第2打席
ー内野ゴロで、ランナー生還して、打点1。


第3打席
ー空振り三振。


🔴
①よくいう試合勘が戻っていないような感じ。
②振り遅れている、特に高め。これまでこんな振り遅れのスイングは無かった、実際の試合のボールと、打撃練習のスイングは、同じ150キロでも違う、試合での他の多くの条件がからんだ場合、違ってきて、結果振り遅れてくるーこれが試合勘を取り戻すということ。
③ヘルメットがよく落ちた、重心が下がっている変化と、フェイスガードに対する不慣れから、重心の位置が定まっていない、
④内野ゴロで、打点がとれたことを、良しとして、自分を自分で褒めたい。
⑤左投手から、主にスライダーを立て続けに投げられた、経験値としていい。
⑥味方エンゼルスの先発は、ルーキーの右投手だが、好投して、エンゼルスが押し気味に試合を展開できたのは、とても、良かったことだった。だから、内野ゴロで打点をとれた。

●6回ウラになって、エンゼルス先発のキャニングが、連打を打たれて、2点取られて、
エンゼルス4ー2になった。
投手交代になった。キャニング→バード。
メジャーの試合は、前半、大量点で離されていても、後半から終盤、大逆転がよくありうる。
この試合も、だから、わからなくなってきた。

⑦願わくば、大谷翔平に、翔タイムが起きることだ。
一本でもヒットがあってきっかけをつくるキッカケになれば良い。


7回表ーエンゼルス
(相手投手が、左から右投手ヒメネスに交代)
フレッチャーー1死。
トラウトーレフトの左にライナーのヒットで2塁打。でチャンスメイク。

🔴大谷翔平ー
右投手で、スイングが変わって来た、やはり右投手が対処しやすいように見える、ヒットの予感、
サードの左にライナー痛烈、好守備に阻まれる、惜しい。抜けていたら、打点1で2塁打は間違い無かった。もう少し腰が入っていれば、サードの頭上を突き抜け、ホームランもいけたかも、まだ手探りの手打ちのコントロールが否めない。当てにいっていて、振り切っていない。
これが、試合勘所である。まあ、焦りまい。

解説の岩村氏が、「この打席で、体の開きが早くなるのが、止まっていました、この当たりが、良い結果に繋がる。」と言っていた。
シモンズー先程もショート後方のフライを後ろ向きに美技した。守備の名手、実はオランダ代表、ー内野フライで3死。チェンジ。

9回表ーエンゼルス
(再び左腕投手)
トラウトー四球をなんとか選んで大谷にまわす。
大谷しょうへいーなんとか選んで四球。
シモンズー三遊間抜く。俊足トラウト2塁から果敢に走っていく
、生還。これで3点差。
エンゼルス5ー2タイガース

3点差を守って勝てるか。

なんとか逃げ切った。ゲームセット

復帰の試合は、
大谷はノーヒットだが、打点1。
四球1、ヒット性の惜しい当たり1。

まあ、よしよし。
関連記事

コメント

非公開コメント