FC2ブログ
2019/06/12

岡本和真を、野村克也監督にきびしく指導してもらいたい




一頃の、日本シリーズの宿敵だ。
この第一戦において
西武は、、宿敵ー巨人をのんだ。
圧倒した、
点差以上に差があった。


ーー岡本和真は、、まだ甘い。ーー



● 反撃機のビッグチャンス時期だった。
唖然とした、
初球に手を出して、
あっさりと併殺してしまった四番と呼びたくない岡本の、馬鹿さ加減に、天を仰いだ。
なでしこジャパンのスコアレスドローみたいに、
茫然自失となった。



ーーーーーーーーーーーーー
野村克也氏も、バッサリと斬った。


  巨人は0-1の4回、一死走者なしから、
坂本勇人の四球、丸佳浩の安打で、一、二塁のチャンスを作ったが、

4番の岡本和真は西武先発・佐野泰雄が投じた初球のチェンジアップに手を出し、
最悪のダブルプレーに倒れた。

 この打撃に野村氏は、
「大不満ですよ。
今日に限ったことじゃないけど、岡本のプレーを見ていると、
野球とはどういうスポーツか聞いて見たい。

頭のスポーツじゃないのかと。
何にも考えていない。

来た球を打つという。
(ボールが)来たから打ったらショートゴロ。
ランナーが一塁だとか、何も考えずにバッターボックスに打っているからこういう結果になるんですよ」
とボヤいた。

 それでも野村氏は、
「岡本には毎日反省野球。マンツーマンでいいからやってみたい」
と岡本を指導してみたいと話していた。
関連記事

コメント

非公開コメント