FC2ブログ
2019/06/19

坂本勇人に、休養と完全治療を、今年、棒に振ると、せんしゅせいめいを奪う事になる。





原辰徳監督様

最近、とみに、坂本キャプテンの笑顔が見えません、「大丈夫ではありません。」


今、坂本勇人主将が危ないです。

今、完全休養と完全治療を、お願いします。

今、坂本がぬけたとしても、他の全員が一致団結すれば、優勝できます。

坂本の選手生命を守るためにも、お願いします。


坂本勇人主将が、

昨年度、
つまり、2018年度、長期離脱したことがあった。

2018,7、17から、8、26

左脇腹痛、いや、肋骨骨折かと騒がれた、
シーズン終盤に復帰できたことが、クライマックスシリー時出場にはつながった、
が、もちろん、優勝まではいかなかった。


今、6/19水で、今週で、交流戦は終わりで、巨人は優勝争いを、しているが、

坂本の足腰の様子、状況、外角低めを振って、三振する姿を見て、
危ないと、私は見抜いている。


休ませてください
菅野が休んだ内容とは種類が違うと思うけど、

共通点は、同じだ、

勤続疲労だ(金属疲労)は、ガムシャラヒーローということだ、
丸の移籍以来、丸の前を殆んど,
打ちながら、バットの成績では、三冠王に近い成績をおさめてきた。
(今、打撃成績は、
打率5位ー313、
本打1位ー21本、
打点2位ー47本、
である。
2番打者で、打点も本塁打も稼いでいる。

「恐怖の2番」という異名を取りながら、野村克也に、坂本は2番タイプじゃないと言われてきた。

エンゼルスなら、トラウトが2番で坂本、その次が、大谷翔平が3番で丸である。

坂本は、
「自分がキャプテンになってから、優勝が出来ていない、今年こそは、優勝を本気で勝ち取ろう」
と、本気でナインに呼びかけながら、

①出塁率をただひたすら上げることと、
②八面六臂の天狗のようなショートの守備、ピンチの時の内野をしめる、投手へ声かけ、
を、頑張ってきた。

ただ、此の所、
ショートの守備に関して、送球が乱れる、ワンバウンドすることが目立ってきた、以前には全くなかった事だ。

腰が痛いのだ、
恐らく、泣きたい程痛いというのを我慢している。

同じスポーツマンとして、これらの腰痛の痛みの経験者はよくわかるはずだ、
少し長いくらい休んだくらいでは、どうしようもない、
どこか、気の利いたマッサージや整体ぐらいなどで、治療できるなら、重症ではない。
数日間、休養をとっても、寝ても立っても、温泉などに入っても、効果は、無い。

悪化していくだけだ。


原監督自身もよく、わかっているはずだ。
優勝争いの時期まで引っ張っていては、かえって危ない、


今、休ませて、完全治療だ。
関連記事

コメント

非公開コメント