FC2ブログ
2019/06/20

過去のなでしこは、もう居ない、、、




なでしこジャパン 0 対 2イングランド

またも、呆れた、、


点数がとれないなでしこ、全くもってとれない、


日本は長い間、パスサッカーの権化みたいに言われて来たが、

それはもう返上しよう、
パスが下手だ、
パスが繋がらない、

シュートにつながるパスが産まれてこない、
点数につながるパスが、まったく通らない。

技術、
体力、
走力、
攻撃的想像力、
防御的想像力、

が、
イングランドと決定的に違う、劣っている。

前半の初めに、チャンスを掴んだのは、日本だったが、シュートの精度が甚だ、劣っていた。

その後、
前半立ち上がりにイングランドのスルーパス1本で、入れられた、
それだけでなく、続けて、イングランドのシュートが、マシンガンや大砲のように炸裂した。

特筆すべきは、
ジャパンのゴールキーパーの神がかり的な、セーブ力だ、
彼女じゃなかったら、
数点は入っていただろう。


日本のシュートは、もう素人の小学生並みの下手さだった。
足のインステップやインサイドに、きちんとかかっていない、
威力がない、
パスも、全然通らない、
すぐに倒れる、体幹が弱い、

岩渕も、菅沢も、中島も、、横田も、、シュートやパスが、ふらふらふらふらしていた。

澤や宮間や近賀や永里や大野や川澄や岩清水などの、力強いシュート力や、天才的な技巧や、その精度は、もう消えてしまった、
今は全くもって、無い。

あれでは、世界の舞台では、勝負出来ない、

今回、、なでしこは、
決勝トーナメントに進むことができるが、

他国とは、圧倒的な実力差がある。

過去の金メダルや銀メダルは、もう遠い過去のものだ。


新しい出直しをしないと、
技術差、体力差は、開きっぱなしである。



関連記事

コメント

非公開コメント