FC2ブログ
2019/06/23

月に代わって、お仕置きよ、菅野




月に代わって、、お仕置きよーー菅野


プロ最短KOー1回4点、2回和田投手に四球、

原監督の堪忍袋の緒が切れた。


交流戦の優勝決定戦、
高校野球の決勝戦みたいに行こうと原さんは張り切っていた。

しかし、
老練な和田が、はるかに強かった。2年ぶりの大勝利だったー

岡本の初球ソロホームランは、「焼け石に水」でした。
彼は、4番打者だけど、ランナーがいる時は、重要な好機の時には、打てないもん。昨日の壁激突は、ソフトバンクの外野エラーであって、頼もしいヒットではない。
高度な出離率のある坂ー丸のチャンス時において、「4番目打者」さんは、打てません。
だから、岡本さんとか、岡本様と呼ばれるのです。
巨人軍四番打者が、なめられ、いじられしていていいのでしょうか。


ソフトバンクが、
菅野を十分に研究して、重要な決定戦レベルの試合慣れをしていたということだろう。

王貞治会長も、
ニコニコしていた。


ソフトバンクナインは、日本一を勝ち取った顔つきだった、、

かれらは、実は、怪我だらけである、
外野手が居なくなった時期もあった。

柳田も中村も今村も、居ない。

普通は、外野手の福田は、今日は2塁手に入り、
1回、菅野ー炭谷捕手から、1番で、
2-2から、真ん中高め147kmストレートを、先頭バッターホームランで斬り込み隊長をやり遂げて、
そして、この福田は、7回にも、
1-1から、真ん中高め142kmストレートを、先頭バッターホームランを打った。これは駄目押しであり。
高木ー大城捕手は、何しとんねん。

つまり、
真ん中高めは、失投だと思うのですが、如何でしょうか、巨人軍のみなさま。


ソフトバンクは、改めて、
すげえなあ。
関連記事

コメント

非公開コメント