FC2ブログ
2019/09/24

ご苦労様でした、阿部慎之助、より良き指導者へ



本日の巨人スタメンを見て驚いた、
正式一軍メンバーである、
なぜ、今⁉️と感じた。

阿部慎之助の引退に対する礼儀として、襟を正したのだろうとおもう。



宮崎巨人キャンプで、生の彼を初めてみた、、、壁を背にして、
コーチにワンバンを、何球も何百球も投げてもらい、それを捕る練習だった。
身体のあちこちに、、物凄くかたい硬球がぶつかるものであり、容赦の無い練習だった。

それから、
防具を外して、打撃練習ボックスに入って、バッティングの練習だった。

がんがん、気楽にライトスタンドに放り込んでいた、、、、
そして、
休む間も無く、また、防具をつけ出した。
先程のワンバン練習だった。

黒土にまみれて、、真っ黒になっていった。
いわば、
地獄のような
練習だった。
足も腰も背中も全身が、目茶苦茶痛そうだった。
ユニフォームも、だんだんと真っ黒になっていった。


その練習を何度繰り返しただろう、
彼の捕球と、
ライトスタンドに、打ち返すものは、同じものに見えた。

つまり、
反応だ。

理屈で捕っていたり、打ち返したりするものではなく、、、、

反射であり、反応だった。


次の日もみに行ったら、同じ練習をしていた。

何時間もみて、のちに、ポロポロと涙がこぼれた。


ーーーーーーーーーーーーー
昨夜、
阿部慎之助が、引退の意思を固めたことをナインに挨拶する動画が流れた。

鼻の頭を赤くさせ、
言葉を拾いひろい、語っていた。

侍の姿だった。

阿部慎之助 さま

長い間、ご苦労様でした。
指導者としても、大成するでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生年月日(満年齢) 1979年3月20日(40歳)
出身地 千葉
身長/体重(血液型) 180cm/97kg(A型) 投打 右投げ左打ち
ドラフト年(順位) 2000年(1位) プロ通算年 19年

経歴 安田学園高-中大-巨人

主な獲得タイトル (首)12(点)12(出)12(優)12(ベ)02、07~14(ゴ)02、08、13、14

昨季は前年を下回る95試合の出場にとどまるも、球団新記録となる入団から18年連続2ケタ本塁打を達成。
シーズンを通して一軍に帯同し、存在感を示した。
捕手再挑戦を決意して臨む今季も、精神的支柱としてナインを引っ張る。
ーーーーーーーーーーーーーーー

巨人ー阪神

高橋優(左)ー青柳(右)


(表攻めー巨人スターティングメンバー)


投手 位置 選手名 投 防御率
先発 (投) 髙橋 優貴 左 3.08

打順 位置 選手名 打 打率 最近の打率
1 (右) 亀井 善行 左 .289 .333
2 (遊) 坂本 勇人 右 .313 .400
3 (中) 丸 佳浩 左 .293 .000
4 (三) 岡本 和真 右 .267 .286
5 (一) 大城 卓三 左 .268 .308
6 (左) 重信慎之介 左 .260 .091
7 (二) 田中 俊太 左 .230 .364
8 (捕) 炭谷銀仁朗 右 .256 .500
9 (投) 髙橋 優貴 左 .100 .---
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ウラ攻めー阪神スターティングメンバー)
投手 位置 選手名 投 防御率
先発 (投) 青柳 晃洋 右 3.35

打順 位置 選手名 打 打率 最近の打率
1 (中) 近本 光司 左 .274 .421
2 (遊) 北條 史也 右 .252 .143
3 (左) 福留 孝介 左 .248 .214
4 (一) マルテ 右 .284 .200
5 (三) 大山 悠輔 右 .257 .231
6 (二) 糸原 健斗 左 .264 .118
7 (右) 中谷 将大 右 .183 .000
8 (捕) 梅野隆太郎 右 .260 .429
9 (投) 青柳 晃洋 右 .000 .000
ーーーーーーーーーーーーー
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!

ついにこの日がやって来てしまいました。
何時かはこんな日が…と覚悟はしていました、正直ここ二年くらいは。

ロッカーや靴入れは必ず「10」を探して入れるほどの慎ちゃんファンでしたから・・・
ちょっと泥臭いけど力強いスイングに何度助けられたか ? !
本当にありがとう、お疲れ様でした。
と言いたいですね。

Re: No title

> こんばんは!
>
こんばんは。

本当にそうですね。
慎之介の、ナインへの挨拶は泣けて、たまりませんでした。

今日の阪神戦、9回に、好敵手球児が出てきてくれました。
全球ストレートの勝負でした。
4球目はいったと思いましたが、わずかに右ポールぎわーファウルに切れました。

結果は、見事な空振り三振でした。慎之介は、帽子に手をかけて挨拶しました。

甲子園球場の阪神ファンに、阿部ありがとうという大きなプラカードがありました。

慎之介は、
360度全体に、頭を下げました。
本当に、紳士ですね。

私も、かなり強い叱咤激励をしたことがありましたが、
阿部に頼らないと巨人が優賞できなかったからでした。

彼は、お世辞抜きで、
かなり優れた指導者になるとー確信しています。
バッテリー出身、優れた打者、ホームランバッター、キャプテンシーが優れている、
日本一世界一経験者であるからです。


お疲れさまでした。