FC2ブログ
2019/11/17

起死回生ー山田逆転3ランホームラン 世界野球プレミア12は、逆転で侍ジャパン日本がもぎとった。






新作ターミネーターニューフェイトにおける、
強化型兵士グレースのように、

強く頼もしかった。
幾多の困難にもめげず、、頑張りぬいた。


最後は、
日本の守護神ー山崎が、見事に、空振り三振に、斬ってとった。


その瞬間、
思わず、稲葉監督が、涙を溢れさせ、号泣しだした。
スタンドも泣き出した。もらい泣きをしていた。


スコアは、、
侍ジャパン日本代表 5ー3 韓国代表

韓国も、やはり、強豪の国で、再び、いつひっくり返されるような恐怖感があった
東京五輪は、また、歯をむき出して、やって来るだろう。



🔵1回表ー韓国
先発、山口は、心配していた通り、四球をいきなり出し、、、狙い撃たれ、2ランホームランを、喫した。

その後も、
ソロホームランを打たれて、
3点リードされた。
普通なら、、ここで、しゅーん、国民もしゅーんとなる状況だった。


しかしながら、、
えぐい投手陣は、
山口は3失点も打たれたが、→高橋→田口→中川→甲斐野→山本→守護神山崎と、
その後、
ピカイチの獅子奮迅の投球で、1点も与えず、、、逆転を信じて、守りきって行った。


🔴1回ウラー日本
坂本が粘り、四球選択したのを神が返す。ー直ぐに反撃できる、神ってる鈴木が打ってくれるというミラクルジャパン、鈴木が、レフトフェンス直撃のタイムリーで、坂本を返して、反撃のドラマ1点を返した。

日本1ー3韓国

これが、
上げ潮ムードになってきて、

🔴2回ウラー日本
外崎ーショートゴロ、1死。
近藤ー三振、2死。
會澤ー2死からの攻撃、諦めない、ストレートの四球を選んで出塁。
菊池ー叩きつけるバッティングで内野安打、ランナー2塁1塁。
ここで、
山田ーが、登場、バッティングをファウルを重ねて、粘りに粘った。
8球目、内角低め140km台ストレートを強振。
ついには、起死回生、山田らしい大きな逆転3ランホームランを、レフトスタンドに叩き込んだ。

日本4ー3韓国、


🔴7回ウラー日本
終盤になって、坂本が、体勢は泳ぎながらも、得意の粘り腰で、ホームラン性のフェンス直撃の2塁打を打って、絶好のチャンスを作った。
丸、鈴木は倒れたが、鈴木は右に打ち、走者を3塁に進めて、繋げた。これが効いた。
チャンスに強い5番打者の浅村が、初球をセカンド頭上を越えて、価千金のライト前に打ち返して、
待望の、タイムリー追加点を奪った。

日本 5ー3  韓国

そして、勝利の方程式の豪華投手陣に繋げた。


10年ぶりの世界一の優勝だった。

稲葉監督の
思わずの号泣に、、、単純ながら、感動した。
彼は、
「苦しかった、、でも、必ず逆転してくれると信じていた。」
と、呟いた。

男は、
スポーツマンは、
アスリートは、ああでなくちゃあいけない。
関連記事

コメント

非公開コメント

あらためて想う

稲葉監督の、

思わずの号泣に、もらい泣きした。

起用方法などについて、、、、

評論家や口煩いファンから、、、

さんざん叩かれていた。



よくよく我慢していた。とつくづく感じる。