FC2ブログ
2020/01/08

ハカの意味と、日本語訳





ハカの意味、
日本語訳を考える

ハカの概要

本来は、
マオリ族の戦士が、戦いの前に手を叩き足を踏み鳴らして自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。

現在では、
国賓や海外からの渡航者を歓迎する舞として披露されるほか、
ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踊として有名である。

ニュージーランドでは、
一般的な民族舞踊であり、相手に対する敬意や感謝の意を表する舞として披露される。結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典、スポーツの試合など、いろいろな場面で目にする機会が多い。

死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として、葬儀でハカを舞うこともある。
40代で去ってしまったジョナロムーの葬儀のときに、みんなで、泣きながらハカを踊っていたものは、動画でも語り継がれている。
または、恩師であった高校教師のために、また異動でお別れするときの男子高校生の600人の一糸乱れぬハカなどは、圧巻であり、壮観であり、有名である。

英語では、
haka を含めて一般的に battle cry または war cry(ウォークライ、闘いの雄叫び、
日本語では「鬨ときの声」)と呼ぶ。

日本でも、ウォークライと呼ばれていたが、2019年現在では原語どおりのハカが一般的になっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ノーサイドゲーム」の最終回の最後の試合、

島本博トキワ自動車創業家社長(西郷輝彦演ずる)
が、感動して、、、かたった。


カマテ(Ka Mate)の歌詞はWikipedia/Haka(sports)から引用させていただきました。

Ka mate, ka mate! (カ マテ! カ マテ!)
Ka ora, Ka ora! (カ オラ、カ オラ!)
Ka mate, ka mate! (カ マテ! カ マテ!)
Ka ora, Ka ora! (カ オラ、カ オラ!)

Tenei te tangata puhuruhuru
Nana nei i tiki mai whakawhiti te ra
(テネイ テ タナタ プッフル=フル ナア ネ イ ティキ マイ ファカ フィティ テ ラ!)

A, upane! ka upane! (ア ウパネ!ア フ パネ!)
A, upane! ka upane, whiti te ra! (ア ウパネ!カ フパネ!フィティ テ ラ!)

日本語の意味は、==================================

ハカ(Haka)カマテ(Ka Mate)の日本語の意味は?

『ハカ(Haka)』カマテ(Ka Mate)を日本語にしたところ↓↓こんな感じです♬

I die! I die!  ※私は死ぬ!私は死ぬ!
I live! I live  ※私は生きる!私は生きる!

I die! I die!  ※私は死ぬ!私は死ぬ!
I live! I live!  ※私は生きる!私は生きる!

Here stands the Hairy Man… who summons the Sun and makes it shine on us!
※見よ、この勇気ある者を。ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる!

Ride now! Ride now!  ※一歩上へ!さらに一歩上へ!
Take the first step!  ※一歩上へ!そしてさらに上へ!

Let the sunshine in! Rise!  ※太陽は輝く!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事

コメント

非公開コメント

巨人軍としてのハカを

巨人軍に、

ハカをうなったり、踊ったりするようにして、
命がけで、練習して、
力をつけて、

ソフトバンクたちに歯向かってほしい。

もちろん、
この踊りをおどるのは、マオリ族の文化だが、

巨人軍の戦いの文化や鬨の声が、
あるはずだ。

それらの魂の戦いをみせつけてほしい。