FC2ブログ
2020/02/15

トップリーグも、全国的にばりばり、放映してほしい。





ラグビートップリーグの、
テレビ放映が、少ない、熊本なんか、ほとんどうつさない。

最初の週だけは、3試合ぐらいへり、あとは段々とへり、
最近は一試合もうつさない、みれない、
都道府県較差(格差)が、またひらく。

高校ラグビー花園大会において、1回戦で、100ゲームが出現している。
都道府県によって、ラグビーをしている高校の格差がはげしいーつまり、指導者数の格差でもある。
唯一例外は、島根県の石見ちしゅうかん高校がいつも、出雲高校を大量点差でくだす、2校しかないから、決勝戦のみ。
石見はもうすでに、ベスト4かベスト2の実力をつけてきている。
全寮制で、ラグビーを中心に鍛えている、女子勢もつよい。
似たようなのは、福岡が、強豪校ばかりだが、お隣の佐賀県は、佐賀工業高校という公立高校が最強につよい、五郎丸を育てた小城先生がいる学校である。佐賀県も少数で、佐賀工業だけが、ダントツである。

実はこんな状況では伸びないのだ。今後、ワールドカップを目指す底辺づくりには、心もとない。


スポーツニュースもインターネットも情報が、おそいわ、おそいわ。
野球は、練習試合やオープン戦も、盛んにテレビ放映があるのに。ラグビーはない。
もう、プロ化の動きは、始まっているのに、オールブラックスをはじめ、世界ワールド級の選手が、日本のトップリーグに加入してくれているのに、もったいない。
毎週、ダンカーターをみられるのとみられないのは、青少年たちに、大きな差や多大な影響がでてくる。
ダンカーターだったら、
パス、ダミー、フェイント、ステップ、身体の向き、ハンドリング、周囲の選手の使い方、トライの取り方、トライのとらせかた、ここ一発のランニング、ラン、各種、キック、ゴールキック、、、、、、
などなど、
ビデオだけ観ていても、繰り返しみると、自分のスキルが上達する。
筑波学園都市の茗渓学園の練習は、そういう練習をするときいたことがあるー好きなトライゲッターのトライシーンだけでも、世界の100トライなど、みているだけで、練習した以上に、上達するのである。

だから、
テレビで、トップリーグをみられないと、情けない。


いったん、盛り上がったラグビーの火が、、、
これでは、
またまた下火になるばかり、、、

一時期、ワールドカップ等でもりあがったものが消えていく。

なんで??
と単純におもう、
疑問におもう。


視聴率か、スポンサーの好き嫌いご都合がつかないのか?
おかしいはずだ。

誰かのお好みによって、「番組編成」が組まれている。


ラグビーは明確に言う、
他のスポーツを抜きんでて、教育的効果がある。
子どもたちの健全育成に、必ず、役に立つ。
ラグビー文化は、誠実、丁寧、紳士的だ。(サッカーははっきりいって、野蛮だ)


もう一度、明確に宣言しよう。

ラグビーは子どもたちを育てる、
21世紀以降のこどもたちを育む。

色々な問題や事件や殺人、わけのわからないこと、事故など、
解決していくのは、
スポーツの力だ、
その中で、秀逸なのが、ラグビーだ。


ラグビーを目いっぱい放送してほしい。
関連記事

コメント

非公開コメント