2017/03/01

わずか、14年の判決





34カ所を刺しまくった事件。


求刑は、わずか、17年だった。

判決は、今日出た、

「14年」


被害者は絶句した。
14年後には、塀の外を歩いている。


34カ所も刺したのなら、34回も殺そうとした明らかな殺意があったんだよね。
(34カ所も刺されて、命が回復したのが奇跡であり、
殺人未遂ではなく、
殺人と同罪であり、

34人も殺したことと同じでないか?)

数字並べではないが、34年でも短い、

無期懲役でもいいが、仮釈放がありうる、
絶対に出さない終身刑
か、
死刑はありえなかったのか???

裁判官は、
いったい、どちら側に立っているのか?



関連記事

コメント

非公開コメント